スポンサーリンク

アップルウォッチ用の他社製充電器は純正品の代用となるのかを説明します。

アップルウオッチの充電器の代用品は使えるのか

今となってはもう一般的になりつつあるウェアラブル端末。

中でもスマートウォッチは多くの人が利用しているのではないでしょうか。

私もアップルウォッチを利用していますが、これ、マジやばいですね。笑

いちど使いはじめたら最後、もう二度と手放せない魅力が満載です。

使い始めるまでは「どうせギミック満載の時計でしょ」「そんなに機能があったって使う機能なんて大してないんじゃないの?」程度に軽く考えていました。

でも、いざ使い始めるともう他の時計には戻れない。笑

デザインがどうとか、そういう問題じゃないんです。

もう1日のほとんどがアップルウォッチ抜きには成り立たなくなってる・・・

そんな感じです。

だからアップルウォッチの充電が切れそうになると本当に困ります。

ちゃんとマメに充電していれば問題はないのかもしれませんが、つい忘れるってありますよね。

特に出先で充電が切れそうになるともうパニックです。

そういうときに限って充電器も持ち合わせていない・・・

なんとか代用になるものを探さねば!

でも純正の充電器はどこにでも売っているというわけではありません。

最寄りの電気店やコンビニなどでサードパーティ製の充電器は手に入りそうですが、果たしてどれほど付けるものなのか?

今回はそんな疑問に答えていきたいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アップルウォッチの充電が切れるとホント困る!

実際にApple Watchを使用している人はその便利さについて今さら説明するまでもないですよね。

私は20年以上前から機械式腕時計のファンで、7桁もする高級腕時計を持っています。

この時計は一生ものだから大切に使っていこう。

そんな思いでこの20年、毎日のように身につけて使い続けてきました。

ところがアップル・ウオッチを購入し使い始めたら、今度はアップル・ウオッチを外すことが出来なくなってしまいました。

決して気に入っているというわけではありません。

まあスマートウォッチですから時計としては玩具みたいなもんです。笑

しかし生活に根ざしたさまざまな機能が絶妙に組み込まれているため、一度使い始めると否応なく毎日使い続けることになってしまう・・・

あなたも利用者なら、この感覚お分かりでしょう?

ですから使用中に充電切れが起きるなんて、絶対にあってはならないことなんです。

こうした「まさか」を防止するには、充電器のスペアを用意することです。

そしてそのスペアを常に持ち歩く。

そうすればいざというときにも困らなくて済みます。

とはいうものの、そのスペアを忘れて外出してしまう・・・そしてそういうときに限ってアップル・ウオッチの充電が切れたりするんですよ。

もう、そうなったら純正品なんて贅沢は言っていられません。

手に入って使えるものならなんでも良い、ってなりますよね。

でもサードパーティ製の充電器の中には粗悪なものも多く、まともに使えないようなものも珍しくありません。

うまく使えても数回で壊れたりする低品質の製品もあったりします。

では私たちはそういう粗悪品を掴まされないために、何を注意すれば良いのでしょうか?

 

出先で充電器を調達する際に気をつけるべきこととは

まず注意すべきはアップル・ウオッチの充電器には汎用性がないということ。

他の似たような充電器を持ってきてアップル・ウオッチを充電できるかというと、残念ながらできません。

ですからサードパーティ製の充電器でもアップル・ウオッチ用であることを確認した上で購入するようにしましょう。

またアップル純正の充電器もそうですが、アダプタは別売になります。

ですからアップル・ウオッチ専用の充電器であることを確認して購入しても、ACアダプタは汎用性があるのだから安いものを・・・と考えるのは早計です。

ACアダプタには最低でも5W以上が必要です。

あまりケチって安くて低容量のアダプタを購入してしまうと、十分に充電が出来なかったり時間がかかったりしてしまい「こんな筈じゃ・・・」と言うことになるかもしれません。

またネットなどで口コミ情報や利用者のレビューを見ることが可能なら、そうした情報も参考にすると良いでしょう。

売り手の謳い文句だけではなく、利用者のナマの声は製品選択にはとても重要なものです。

 

アップル純正充電器とサードパーティ製充電器の違い

最後に純正品とサードパーティ製との違いを説明しておきましょう。

純正品とサードパーティ製品を比較した場合、品質に驚くほどの違いはありません。

よほど低価格のものだったり、見たことも聞いたこともないようなブランドだったりした場合には手を出すのは考え物ですが、サードパーティでも名の知れたブランドであれば品質面ではさほど心配する必要はありません。

では両者の違いとはなんなんでしょうか?

・値段
・バリエーション

端的に言えばこのふたつだけです。

アップル純正品ははっきり言って高いです。

その分、アップルの厳しい基準をクリアした製品ですから信頼度は抜群です。

対するサードパーティ製品は品質面で問題になるほどのことはないでしょう。

十分信頼できる品質でありながら価格は純正品より安いので、どうしても純正品出ないと嫌だという人以外はサードパーティ製の充電器を選んでも問題ありません。

またサードパーティ製の充電器にはさまざまなバリエーションがあります。

PC本体のUSBコネクタに直挿し出来るものやスマホの充電器と一体化されているモデルとか。

自分の使用シーンを考えて選べるのはサードパーティ製の充電器の良いところと言えます。

 

結局のところ

出先で充電器を忘れた、みたいな場面ではそんなに細かいことまで気にしてはいられないでしょうから、そういう場面ではとりあえず手に入るものを入手するしかありません。

そういうことのないように、普段から予備の充電器を持ち歩くことを習慣化するのが大切です。

転ばぬ先の杖、の発想は大事ですからね。

 

ということで、今回はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
趣味
〜モアイ超銀河団〜知ってると得するあれやこれや